〝今日は野良仕事〟

2020.01.09

こんばんは!淳ブログへお越しいただき、ありがとうございます!

 

今日はあいにくの坊主の日。(坊主は、飲食店では客入りがなかったこと)

坊主の日は必ずブログを書こう!と決心!

仕込みも終えてしまい、なにか生産性的な仕事を。。と思い、畑のマルベリーの剪定と、その枝を用いて来月に予定しているイベントのための薪つくりをしました。

少し薪と柴について調べていると、手で折れるのが柴、折れないのが薪 という分別があるようで! なので今回できたのは柴 なのかな。

炊きつけには柴のほうが良いとのこと。

昨年はどうやらきり過ぎてしまい、実りがなかったので今年は気をつけながら。

時間を忘れるほど夢中になってしまい、気づけば1日経っていました。笑

でもでも、きっとこれからとても大事になってくる時間の過ごし方になるであろうと思っています。

 

5年ほど前から持続可能なレストランの形を模索してきました。

生ごみを畑、土へ還し、そこでまた新たな作物を作り、価値を生み出していく。

今年はようやく、なにか「価値を提供する」というところまできたように思います。

この循環サイクルがまわりだすと、やはり自然に感謝せざるおえなくなってくる。そんな心境です。

 

まだ芯が乾いてなかったので、一ヶ月で乾くかな、というとこですが、細いのでなんとかなりそう。

こちらの柴で、2.16(日)に予定しているイベントで焚き火を興します!

2.16(日)はカメオカアートボンチ おみせでさくひんてんの最終日でもあり、焚き火を囲んで交流会を開催します!

明日掘る予定ですが、同じ畑で出来たサツマイモもおやつにご用意する予定です。

是非こちらにも足を運んでいただけましたら幸いです!

いろいろ調べているうちに、柴刈りもおもしろそうだなあと。

以前から山もヤバイよなぁと思っていましたが、おもわぬところに突破点があった感じ。

まずは柴刈りからはじめて、山に馴染んでいけたらいいなと思います。

 

日本の山は海外と違い、人の手を半分いれることによって維持してきたんだとか。

なので余慶に問題は深刻なようです。

以前も書いていたのですが、オオカミが絶滅したことで生態系のバランスが崩れている上に、人が山に入らないことで更に状況は悪化しているように感じています。

とはいえ、これも個人的な見解なので、実際に行動しながら知識を集めていきたいなと思います。

 

今日は年末に買ったこちらの本を拝読したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。


感想をお聞かせください。