淳ブログ

〝カメオカアートボンチ おみせでさくひんてん〟

2020.01.15

こんばんは!淳ブログへお越しいただき、ありがとうございます!

 

先日よりはじまりました、カメオカアートボンチ おみせでさくひんてん

 

 

亀岡の飲食店や美容院で、亀岡ゆかりの作家さんと一緒につくるまちのさくひんてんです。

 

詳細はイベントページに譲りますが、レストラン淳では、画家の宇真さん、陶芸AIKA CRAFTさんの作品を展示販売させていただいています。

 

さて、今日は画家の宇真さんが在店。

こちらの白紙の掛け軸に1ヶ月かけて絵をいれていく という企画をやっています!

今日は第1日目。こちらでのお披露目はまたに譲りましょう。

そっとのぞきながら撮影、お邪魔しないように。

 

 

玄関先に秋鹿さんが手がけられているオリーブの鉢を置いているのですが、こちらにもサインをいれていただきました!

とっても貴重!!

作家さん側の発起人でもある、宇真さんのペイントサイン、感慨深いです!

 

現在掛け軸には、すでに絵が入っています!

次の在店日は19日(日)の予定。

すこしずつ完成へと変化していく掛け軸の絵も楽しんでいただけましたら幸いです!

 

カメオカアートボンチ おみせでさくひん は2/16(日)まで。

回覧のみも大歓迎です!

皆様のお越しをこころよりお待ち致しております!


〝今日も野良仕事+@!〟

2020.01.10

こんばんは!淳ブログへお越しいただき、ありがとうございます!

今日もあいにくの坊主の日!でも今の季節、やれることはたくさんあってとても充実した1日でした。

今日は自転車通勤でのスタート!

自宅からレストラン淳までは約30分くらい。千代川駅からレンタサイクルで20分くらいでしょうか。

1日20分の運動は、身体だけでなく、脳やメンタルにも良いそうなんですね。

時間の節約のためにも、いける日は自転車通勤。地球にも優しい。

 

お店についたら開店準備。

すこし落ち着いたところで、お庭の剪定と2月のイベントに向けての焚き火の試し焚き。

いやはやよく燃えます。

 

お昼をすこしまわったあたりで、明日からはじまる「カメオカアートボンチ おみせでさくひんてん」の搬入でAIKA CRAFTさんがいらっしゃいました。

今は宮津に移住されて、ご夫婦で陶芸をされています。 レストラン淳での展示は今回で2回目!

ご主人はオリーブの栽培にも参加されていて、先日、展示メンバーで視察にお邪魔してきました。

今回の展示では、特別メニューとして、こちらのオリーブを使ったバゲットサンドをご提供いたします!

お得なポストカード・バゲットサンド・器のセット販売もございますので、こちらも是非チェックされてみてください!

カメオカアートボンチ おみせでさくひんてん は明日からのスタート。

展示の入場、回覧は無料ですので、是非足をお運びください!

 

さて、搬入が終わったあとは畑仕事。

楽しみにしていたサツマイモは一足おそく。。。モグラにかじられたり痛んだりしてしまっていて今回は自家栽培のサツマイモはあきらめるしかなさそうです。

今年またリベンジしたいと思います。

 

その反面、菊芋がとてもよく育っていました。昨年にくらべてゴロゴロと大きいのが収穫できました!

種芋を継いでかれこれ5年目。最初は10粒ほどだったのが今や山のように収穫できます。種芋ほしい方はどうぞお声かけください!

形のいいもの、大きいものは店頭販売をやってみようかと思います。

菊芋の主成分、イヌリンは天然のインスリンとも呼ばれているようで、糖尿病や肥満に効果的なんだとか。

食べ方は生でスライスしたり、揚げてチップスにしたり、蒸したり焼いたりしても美味しいですね。

ご来店のお土産にも是非!

 

作業をしているとあっという間の1日。

週末はありがたいことにご予約を数件いただいています!

おみせでさくひんや自転車での運動など、かけあわせていただいて、道中含めてレストラン淳へのご来店を楽しんでいただけましたら幸いです!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!


〝今日は野良仕事〟

2020.01.09

こんばんは!淳ブログへお越しいただき、ありがとうございます!

 

今日はあいにくの坊主の日。(坊主は、飲食店では客入りがなかったこと)

坊主の日は必ずブログを書こう!と決心!

仕込みも終えてしまい、なにか生産性的な仕事を。。と思い、畑のマルベリーの剪定と、その枝を用いて来月に予定しているイベントのための薪つくりをしました。

少し薪と柴について調べていると、手で折れるのが柴、折れないのが薪 という分別があるようで! なので今回できたのは柴 なのかな。

炊きつけには柴のほうが良いとのこと。

昨年はどうやらきり過ぎてしまい、実りがなかったので今年は気をつけながら。

時間を忘れるほど夢中になってしまい、気づけば1日経っていました。笑

でもでも、きっとこれからとても大事になってくる時間の過ごし方になるであろうと思っています。

 

5年ほど前から持続可能なレストランの形を模索してきました。

生ごみを畑、土へ還し、そこでまた新たな作物を作り、価値を生み出していく。

今年はようやく、なにか「価値を提供する」というところまできたように思います。

この循環サイクルがまわりだすと、やはり自然に感謝せざるおえなくなってくる。そんな心境です。

 

まだ芯が乾いてなかったので、一ヶ月で乾くかな、というとこですが、細いのでなんとかなりそう。

こちらの柴で、2.16(日)に予定しているイベントで焚き火を興します!

2.16(日)はカメオカアートボンチ おみせでさくひんてんの最終日でもあり、焚き火を囲んで交流会を開催します!

明日掘る予定ですが、同じ畑で出来たサツマイモもおやつにご用意する予定です。

是非こちらにも足を運んでいただけましたら幸いです!

いろいろ調べているうちに、柴刈りもおもしろそうだなあと。

以前から山もヤバイよなぁと思っていましたが、おもわぬところに突破点があった感じ。

まずは柴刈りからはじめて、山に馴染んでいけたらいいなと思います。

 

日本の山は海外と違い、人の手を半分いれることによって維持してきたんだとか。

なので余慶に問題は深刻なようです。

以前も書いていたのですが、オオカミが絶滅したことで生態系のバランスが崩れている上に、人が山に入らないことで更に状況は悪化しているように感じています。

とはいえ、これも個人的な見解なので、実際に行動しながら知識を集めていきたいなと思います。

 

今日は年末に買ったこちらの本を拝読したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。