淳ブログ

外の世界と自分の世界

2019.10.13

おはようございます!淳です!

 

 

 

今日も朝から少し浮かんできたことを。

SNSにさくっと書くのも手軽でいいのだけど、そこに落とす小さな思考たちが最近とてつもなくもったいない気がして。

チリツモで、自身のプラットフォームがあるのであれば、そこにきっちり積もらせてゆきたい。

 

先日のドレスコード展では、「ロゴ」についても触れている部分があった。

「ロゴ」元をたどればこれは誰の所有物であるか、という印であった。という一文があった。

正確な文章は忘れてしまって、改めてGoogle先生に聞いてみようと検索してみると、ふむ、出てこない。

 

ブランディング企業からすると「ロゴ」の持つ力は絶大だと思うし、その根っこに触れられると確かにあまり都合がよろしくないようにも思える。

 

このブランディングの仕方については本当に気をつけないといけないとイベントを通じて肌感覚で感じている。

だからこそボトムアップで押し上げる形でないと、今感じている違和感は払拭できない。

 

こうして外の世界に触れ続けていると、だんだんとおかしくなってくる。

そんななかで、逃げ込める世界がff11のヴァナ・ディールだったし、その延長線にある料理の世界。

そこではあらゆるプレッシャーであったり、外圧であったりを感じずに、自分自身であることが出来る。

その世界のなかで、お客様に喜んでもらえるサービスをして、満足してもらえたらまた、自分も笑顔になれる。

最近はこのことをどこか忘れていたように思うし、逆に言えば外に出なければ気づかなかったことかもしれない。

だからこそ僕は外へ向かっていこうと思うし、でもちゃんと自分の世界も守り続けなければいけない。

自分の世界と外の世界との行き来は、良い循環とバランスを生んでいるように思う。

外から見てわかる自分の世界。

店が街のコンテンツのひとつだとすれば、もう少し内部のコンテンツの充実化をはかりたい。

料理も店のコンテンツのひとつだとして、空いている空間や隙間を活かしたコンテンツを肉付けしていきたい。

それは、アートであるのかもしれないし、音楽であるかもしれないし、本であるかもしれないし、リラクゼーションかもしれない。

あらゆるものがハイブリッド化していく世の中で、では自分はなにと融合しようか?というところを真剣に考えてみたい。

きっとその先に、現状を打破できる道筋がある気がしてる。

つい夢中になって書いてしまいましたが笑

 

今日からパンを初心に戻る意味でも、丸パンに戻しました。

とはいっても、天然酵母にアップグレードしているので、以前より美味しいはず!

今日はたくさん余ったので、少し試作。

前々からやりたかったハンバーガー。

ソーセージのファルシを用いて作ってみました、旨い!

あとは付け合わせ。

ジャガイモがよさそうだけど、常には手に入らないから考えなければ!


未来への投資

2019.10.12

こんばんは!淳です!

 

今日は台風接近にともない、臨時休業をいただきました。

台風を口実にするのはちょっと不謹慎というか不真面目というかに思えるのですが、そうでもしないとストップ出来ない自分もいて、今日はあらゆる活動にストップをかけました。

 

今現在、お店の営業以外にいくつかやっていることがあって、それはアート関連イベントであったり、農の関連イベントであったり。

お金ももらえないし、しんどいしで、なんでやってんだろ って思うこともぶっちゃけあるんですが、今日ストップしながら(といってもずっと色んな動画を見漁っていましたが笑)、ああ、これは未来への投資活動なんだと気付きました。

 

社会の空気をかいでみると、いよいよ誰も助けてくれない世界がやってくる。特に僕たち世代はそうで、いかにしてこの街で商売を続けながら、かつ健康を維持できるか?というところにすべてはつながっていて、今お商売の外でやっているすべての活動はそこにつながってんだなあと。

 

トップダウン型で出来ることもたくさんあるけど、でもボトムアップの姿勢というのは多分訓練しないと出来るようにならないとも感じていて。

それが当たり前にできる訓練、修行期間が今なのかなと思っています。

もちろん続けた先が良い未来とは限らないけど、ちょっと希望の光も見えたりして、方向は間違ってない という確信に近いものを感じていたりもします。

龍の目 を持って京都をみたときに、どんな風景がひろがっていたいか。

やや差別的に扱われる地域でもあるのですが、逆にその経験がしっかり足腰に効いてる感じで、いいモチベーションになってます。

 

今日はしっかりチャージできたので、明日からまた頑張りたいと思います!

(頑張ります って言い出すとちょっとヤバいサイン。ペース落とさないとな。。いいペースを見つけたい。)

 

P.S.

ちょっとスピなハナシ。

干支が龍なだけに、龍はどこか常に意識していて、またちょっと色々調べてみてると、水を司る神様なんですねー。

先日「水を大切に」ってふと頭に浮かんできて、ずっとこころに留めて生きてるんですが、なんかちょっと最近の流れ的にも合点。龍亀なのかなー。

玄武の文脈的にも掘ったら面白そう。

そんな時期なのかもしれないですねー、がっつり使われてみよう笑

(変な壺とか売ったりしませんのでご安心を笑 でも昔龍亀の置物持ってたな。。これはマジで呼ばれてるのかも。流るるがままに。)


ドレスコードと農ビュッフェ

2019.10.11

こんばんは!淳です!

 

台風が接近している中、11/3(日)に参加させていただくイベント「農マルシェ もりもり農ビュッフェ」の視察と、国立近代美術館で開催中の「ドレスコード展 着る人たちのゲーム」に足を運んできました。

 

今回一緒にビュッフェを担当する、食堂Sajiの大谷さんと市内のビュッフェのお店に視察。

 

とその前に自分はもう1件見たいお店があったので、本日は2件はしご笑 ビュッフェの世界がいろいろ知れてとても面白かったです!

 

あーだこーだ言いながら、色んなアイディアを出し合っていって、だいぶとイメージが固まってきました。

 

お店前で合流する前に、四条通りをひとり歩きながら、どんなイメージでいこうか?というところをずっと考えていて。

じゃあこの四条通りから、亀岡の千手庵のビュッフェ台を見たときに、どんな光景が広がっていたら?ということを考えてみると、なんだろう、土に近い亀岡だからこそ表現できる世界観というか、「生っ?」の表現ができるんじゃないかなと思っています。

 

視察を終えて、大谷さんとは途中でお別れ。

 

岡崎の国立近代美術館へ足を運びます。

久々の岡崎。

 

お目当てのドレスコード展。

もうめちゃくちゃおもしろすぎて、もう1回行きたい!と思ってしまうほど!

改めて自分はファッションが好きなんだなー!と自己認識できた良い機会でした!

 

 

いつごろからか、ファッションで自己表現をするタイミングがあって、そこから京都の色んなお店をまわっていました。

思えば色んなジャンルを行ったり来たり。 現在はこれまでのファッション+和装 という感じの重ね方をしていて、和装がようなく馴染んできて割かしキレイにまとまってきたかな?という感じ。

 

展覧会内では「自身のが装うものは、自身が何者であるかの表現である」 というメッセージが掲げられていて、自分のなかのモヤモヤしていた感覚を言語化してもらえた感じ。

お店では、医食同源を強く意識しているということがあって、白いコックコートを着続けています。これは自分のなかでは結構重要なこと。

 

私服では、京都・音楽・和装・洋服の4つがキーワード。 仕事とは逆に真っ黒なのも不思議で、深層心理を深堀したら面白そう。笑

またこうしてファッションを楽しみつつ、自身の感覚を磨いていけたらと思ってます。

 

料理にとって、装いとはなんだろう?

 

この台風のあいだに少し考えてみたいと思います。